バイオリン・チェロ・ビオラ等弦楽器の修理・メンテナンス及び販売は福岡の「石田ヴァイオリン工房」へ

製作

石田泰史製作オリジナルヴァイオリン

石田ヴァイオリン工房では、材料選びから製造までの全工程を手がけたオリジナルのヴァイオリンを制作しています。

ヴァイオリン族の弦楽器は約400年前にヨーロッパで生まれ育った楽器なので、製作に使われている材料も主にヨーロッパ産の木材が使われます。
当工房では表板に音の良いイタリー産を、裏・横・ネック材に主としてボスニア産のカエデ材を10年以上、自然乾燥させて使っています。

アジア産木材は響きが適さないし、人工乾燥した物は楽器の成長を妨げると思うので避けています。


楽器に塗るニスは天然の樹脂と天然の色素を独自の配合で自作しています。ニスの役割は楽器の保護と美しさ、それに音色を決める重要な役割を担っていると考えているからです。

全工程をほぼ一人で手づくりで行うため大量生産ができず、現在では年に1、2本しか作っておりません。価格についてはご相談くださ
い。
ご興味のある方は、一度当店にある楽器に触れてその音色をお確かめください。

PAGE TOP